Unknown Lady's Diary

読書/映画/上原專祿/フィギュアスケート/セーラームーン/ロシア

【映画】サラ・ガヴロン監督「未来を花束にして(原題;サフラジェット)」(2015年、イギリス)

(左から(上から)順番に、フランス版・イギリス版・日本版です。わたしはフランス版が一番好きです) この映画の存在は「#女性映画が日本に来るとこうなる」というTwitterのハッシュタグで知りました。なるほどたしかにTwitter上でけちょんけちょんに言わ…

【食べ歩き】みなとみらいのカップヌードルミュージアムでラグマンを食べてきた

!!! CUPNOODLES MUSEUM www.instagram.com 先日、みなとみらい(横浜)にある「カップヌードルミュージアム」を訪れました。日清食品の販売してきたインスタントラーメンの歴史や創業者・安藤百福の人物史が展示されていたり、自分だけのカップラーメンを作…

【読書】亡命ロシア人の料理エッセイ『亡命ロシア料理』感想 - 「食道楽の見地から世界を見る」本

亡命ロシア料理 作者: ピョートルワイリ,アレクサンドルゲニス,沼野充義,北川和美,守屋愛 出版社/メーカー: 未知谷 発売日: 2014/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る ピョートル・ワイリ/アレクサンドル・ゲニス著、沼野充義/北川和美…

2016年に見た映画&読んだ本&読んだ漫画&訪れた料理屋さん

あけましておめでとうございます。2016年に見た映画・読んだ本・読んだ漫画・訪れた料理屋さんで印象に残ったものをだらだら書きます。去年は全然ブログを更新しなかったのですが、せっかく色々見てきたのに何も書かないのはすごくもったいないよな…と思った…

【映画】ザザ・ウルシャゼ監督「みかんの丘」感想(2013年、エストニア・ジョージア合作) - みかんとシャシリクが繋いだ関係

日本語版のポスターのポエム、ルミネ感がすごい (※前半はネタバレなし、後半にネタバレあり) 舞台は1990年代前半*1、ジョージア(グルジア)西部のアブハジア。この地にはエストニアからの移民が100年前から住んでいて、そういったエストニア系移民の人々…

サハリンに旅行したときに訪れたカフェとレストランの写真(訪露日:2016年3月)

2016年3月、サハリンに旅行しました。きっかけはオーロラ航空のチケットが安くなっていた(当時、成田からの往復チケットが27,200ルーブルだった)のと、友人(ロシア語ペラペラの日本人)が日本語教師としてユジノサハリンスクに滞在していたから。3月だか…

【漫画】乃木坂太郎『幽麗塔』(2011-2014年、小学館)感想 - 謎解きとセクシャル・マイノリティの物語

昭和29年の神戸が舞台のミステリー漫画です。ただ、その面白さはミステリーの謎解きだけでなく、この漫画がセクシャル・マイノリティの人々の苦悩を描いているという点にもあると思います。久しぶりに泣きながら読破しました。色んな人におすすめしたいので…

【映画】「ブリッジ・オブ・スパイ」(スピルバーグ監督、2015年、米国)感想 - Стойкий Мужик!! 不安は何の役にも立たない。

いやもう本当におもしろかった。前半部分の「我々は何を以て自らを米国人と規定するのか?それは憲法だ」というテーマも、ドノヴァン(トム・ハンクス。弁護士役)とアベル(マーク・ライランス。スパイ役)がだんだん心を通わせていくところも、ドノヴァン…

【グルメ】大井町の「ロマーシカ」というロシア料理屋に行ってきた(2016年1月)

www.hotpepper.jp ロシア料理って割とお高めのお店が多いんです。居酒屋というよりレストランと呼ぶべき雰囲気の店が多いというか。ロシアの文化に興味のある人間としてはもっと気軽に行ける店があったらいいのになあ…と常日頃から思っていたところ、大井町…

【日記】『歴史を射つ』より長野壮一「現代歴史学の出発点――社会運動史における『主体性』と『全体性』」を読んでの感想

歴史を射つ: 言語論的転回・文化史・パブリックヒストリー・ナショナルヒストリー 作者: 岡本充弘,長谷川貴彦,渡辺賢一郎,鹿島徹 出版社/メーカー: 御茶の水書房 発売日: 2015/10/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る はじめに、自分のブログで…

【スケート】コアマガジン社発売のリプニツカヤ本から見えてきたものーーフィギュアスケーターの「色気」をめぐる認識の違い?

コアマガジンという出版社から『銀盤の妖精 ユリア・リプニツカヤ(コアムックシリーズ)』(2015年12月)という雑誌が出版されるらしいですね。宣伝したくないのでリンクは貼りません。これを書いている現在では未発売のものですが、書影とAmazonの「内容紹…

【スケート】2011年のモスクワワールドの思い出

フィギュアスケート観戦が趣味のわたしにとって最も忘れられない世界選手権がある。2011年、モスクワでの世界選手権だ。本来、この年の世界選手権は日本で開催される予定だった。場所は東京の代々木第一体育館。しかし、3月11日の東日本大震災で中止となって…

【映画】「ヒトラー暗殺、13分の誤算」(オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督、2015年、ドイツ)

残念だけど、主人公に1ミリも感情移入できない映画だった。映画で言いたいことは分かるんだけど、主人公の思想や行動の背景説明が弱いように感じた。共産党員でも何でもない「普通の人」がヒトラー暗殺を試みた、という設定(じゃなくて事実なんだけど)が…

【映画】「顔のないヒトラーたち」(2014年、ドイツ、ジュリオ・リッチャレッリ監督)感想

※前半にネタバレ「なし」感想、後半にネタバレ「あり」感想を書きます。 すごくおもしろかったー。社会派かつちょっとエンタメ、という映画でした。見る前は、あえてカテゴライズするならこの映画は社会派のそれだと思ってたのですが、フタを開けてみたら、…

【アニメ】旧作セーラームーン感想 第4話~第13話

ブログで無印セーラームーンの感想を書こう!と決意したものの、毎週セーラームーンを見て感想をまとめる気力がわかなくて放置してしまいました。なので連休に第4話~第13話まで一気に見てまとめました。亜美ちゃんレイちゃんと出会い、ジェダイトを倒す…

野武士スケータートークショーinお台場覚え書き

行ってきましたDVD発売記念トークショー。Twitterだと短いのでとりあえずこっちに感想とかメモとか殴り書き。ざっとしかメモしてないので細かいとこ間違いあったら教えてください。なお普段は別の呼び方をしてるんですがブログだと恥ずかしいので主役のこと…

【映画】「ジョン・ラーベ」感想 - 南京事件というよりは「ドイツ人ラーべ」を描いた映画

※本エントリーでは、前半に「ネタバレなし」の感想、後半に「ネタバレあり」の感想を述べます。 映画「ジョン・ラーべ」を観てきました。これは2009年に公開された、ドイツ・フランス・中国の合作映画です。1937年の「南京事件」の際、日本軍から南京市民を守る…

【スケート】世界選手権2015男女FSジャンプ&得点メモ(最終グループ+αのみ)

HDDの整理に際してワールドをリピ見したので、せっかくだからプロトコルと一緒にジャンプなどをメモしました。感想はほとんど書いてません。ほぼ自分用のメモです。また、テレビ放送された選手だけです。 ※アダム・リッポンのジャンプ構成だけちょっと細かく…

【アニメ】美少女戦士セーラームーン/旧作第3話感想

1週間遅れで今さらですが感想を載せます。実は、旧作の感想は火曜には書けていたのすが、Crystalの感想がなかなか書けなかったのです。それで、結局Crystalの感想は書かずにアップすることにしました。詳しいことは下に書いてます。というわけで旧作第3話…

国別対抗戦2015男女SP今さら感想

今さらですが感想を書きました。録画したのを消す前にもう一度リピ見しよ~と思って見ながら書いてたので、テレビで放送された人しか書いてません。 全体結果 ISU World Team Trophy 2015 女子SP http://www.isuresults.com/results/wtt2015/wtt2015_Ladies_…

国別対抗戦2015男子FS感想

今さらですが国別男子FSの感想を書きました。どうせ遅くなったしーと思って丁寧に書いたのですごく長いです。特に第二グループはリラックスしてたのかすばらしい演技が続きましたね。第一グループも日本で見られて嬉しい人たちばっかりだったな。 以下、感想…

国別対抗戦2015女子FS感想

国別対抗戦、女子FSはパソコン前アリーナ観戦だったので、感想をツイるだけじゃなくてメモりながら見てました。せっかくなので公開。躍進のままにスタオベ演技を見せてくれた選手もいれば、ちょっとお疲れの感じだった選手も。でもなんとなくみんな全体的に…

【アニメ】美少女戦士セーラームーン/旧作第2話&新作第2話感想

新作ではさっそくセーラーマーキュリーが登場しました。やっぱり作画がキレイになってますね、亜美ちゃんがとってもかわいくなってて良かった。旧作のほうは、マーキュリーが登場するのは第8話なので、まだまだセーラームーンはひとりで頑張ってます。新作…

【映画】「風と共に去りぬ」感想 - スカーレットと『白夜行』の雪穂

わたしが「風と共に去りぬ」という作品を認識したのは、東野圭吾の小説『白夜行』だった。主人公・雪穂の愛読書であり、彼女がスカーレットに憧れていたのだ。ただ、単なる憧れというよりは、雪穂が自分の人生とスカーレットのそれを重ねているような描写が…

【アニメ】美少女戦士セーラームーン/旧作第1話&新作第1話感想

今日から始まりました、「美少女戦士セーラームーン」の再放送!夕方6時半~は旧テレビ版の再放送(NHKのBSプレミアム)、夜11時~は新作の再放送(TOKYO-MXなど)が放送開始です。わたしは子どもの頃からセーラームーンが大好きで、このブログの名前にも…

【感想】岡倉天心『茶の本』 - NHK「100de名著」より

岡倉天心という名前は、中学時代の美術の教科書で目にしていた。高校までは茨城に住んでいたので、美術の教科書では茨城に縁のある芸術家が紹介されていたのだ。ただし、多くの中学生がそうであるように、わたしもまた芸術家の名前など試験のために暗記する…

セルゲイ・ヴォロノフ'14-15シーズン試合動画まとめ

今シーズンはセルゲイ・ヴォロノフ選手にもハマりました。彼はすでに何年も世界で戦っているトップスケーターで、わたしも昔から知っていたのですが、演技動画を繰り返し見て画像を収集するようになったのは今季からです。わたしを含め、今季から彼のファン…

マキシム・コフトゥン'14-15FS使用曲とジェレミー・アボット'13-14使用曲 - Muse "Exogenesis"

コフトゥンの今シーズンのFSの使用曲がすごくいいなあと思って調べてました。イギリスのロックバンド"Muse(ミューズ)"の"Exogenesis(エクソジェネシス)"という曲らしいです。 で、調べてて初めて知ったんですが、この曲の別の部分は、昨シーズンにアボットが…

リチャード・ドーンブッシュ選手2014-2015シーズン試合まとめ

今シーズン、わたしはスケヲタ歴約9年目にして、今さらながらアメリカのリチャード・ドーンブッシュ選手にハマりました。ロンバルディア杯で優勝して、この選手いいなあと思っていたら、中国杯で銅メダル獲得!SPの軽快なリズムの曲も気持ちがいいし、FSのC…

安藤美姫さんトークショーinチャコット新宿店(2015/2/28) - 衣装へのこだわり

チャコット新宿店で開催された安藤美姫さんのトークショー&衣装展へ行きました。数日遅れですが、メモを読み返して簡単に記録しておこうと思います。 感想としては、美姫さんの衣装へのこだわりが細かいところまで聞けて大変興味深かったです。美姫さんの素…